言って得する「日本語の語源」

2011年06月29日

丙午(ひのえうま)A「丙午」

さて、前回は干支(えと)の語源について書きました。
十干と十二支の組み合わせで、「えと」ということでした。
1924年の干支は「甲子」。甲子園球場はこの年に建てられました。
このように、干支は日本人にとって身近な存在なのですね。

さて、今日はそこから踏み込んで、丙午について述べたいと思います。
なぜ丙午が忌み嫌われているのかは、実は干支が持つ
五行(木、火、土、金、水)の要素が関係しています。
十干にも五行があるように、十二支にも五行が配されています。
bf6dc119.jpggogyoucc_1.jpg

表からわかるように、十干の「丙」と十二支の「午」の五行は、
いずれも「火」の要素を持っています。江戸時代の初期以前から、
「丙午の年は、火災などの厄災が多い」という迷信が生まれ、
それが「丙午生まれの人は性質が激しくなり、特に女性は夫を
尻に敷き、早死にさせる」という迷信へと転化したようです。

明治時代になっても、迷信は信じられ数多くの赤ん坊が
間引きされたと言われています。戦後になっても、かわらず、
1966年の丙午の年には特に農村部で妊娠中絶が多く行われ
出生数が極端に減少しました。(136万人941人)
480px-BirthDeath_1950_JP.svg.png

ただ、近年では秋篠宮文仁親王妃紀子さまも丙午年の生まれ
であることから、迷信も薄れつつあるようです。

十干と十二支の組み合わせは10と12の最小公倍数である
60年に1回の割合で訪れます。つまり、この干支が一周すると
60年で還暦というわけです。次の丙午は2026年です。
影響はあるのでしょうかね。(表内の43番が丙午)
rokujyukkannshi.jpg

ただ、四柱推命では、丙午の「火」要素が影響するのは
「年」ではなく「生まれた日」とのことです。
生まれ年はともかく、生まれ日ばかりは、コントロールできませんよね。

posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

丙午(ひのえうま)@「えと」

1966年丙午の年に出生率が低下したというデータをみて、
なぜ、こんなことが起きたのか、十二支の横についているのは、何?

今度はこれか・・・(笑)どこから説明していいか難しい気がします。
干支といえば、十二支が馴染み深いですが、十干というのもあります。
この2つが合わさったものが「丙午」などとあらわされるものです。

十干は古代中国において、順序、順列をあらわす
「甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、葵」の十文字。
それに五行(木、火、土、金、水)の思想が加わり、
陽の気(兄)、陰の気(弟)を一組として、
「木の兄(きのえ)→甲(きのえ)」「木の弟(きのと)→乙(きのと)」と
配されるようになりました。
干支(えと)という呼び方は、この兄(え)と弟(と)が由来となっています。

この十干に中国の暦法で天を12に分け動物を割り当てた「十二支」が
組み合わされ「十干十二支」となり「えと」と呼ばれるようになりました。
本来、十二支は「えと」とは関係のないものでしたが、今の日本では、
十干を用いることが減り、年をあらわす十二支を指して「えと」と
呼ばれるようになりました。

十干が本来の「えと」なんですね。十二支と結びついて、
今の日本では本来の十干が薄れ十二支を「えと」と呼んでいるんですね。
shousai1.jpg
今日はここまでとし、次回に「丙午」について触れたいと思います。




posted by 語源な人 at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ミシン

キャラクターグッズって、高いと思いません?
僕は趣味が競馬と野球観戦なんですが、
好きな馬と、好きなスワローズの自分だけのグッズが簡単に
作れたらいいのにと常々思っています。

で、先日、手始めに安い初心者用ミシンを購入しました。
小さくて軽いのはいいんですが、音がでかいし、
縫い目も1つしかないから、雑巾ぐらいしか作れないことに気づきました。
ちょっと失敗した感があります。やっぱり送料込みで4000円じゃね。

さて、そんなミシンですが、あのペリー提督が1854年に
横浜に再来航した際、当時の13代将軍徳川家定に献上したものが
日本第一号だったそうです。
(実は家定の奥さんへのプレゼントだったそうです。にくいですね。)

時は過ぎ、明治の文明開化の世の中。
英米で「ソーイングマシン」のことを「ソーインミシン」と発音していていた
ことが日本中に広まり「ミシン」という名前が定着したそうです。

やっぱり、日本人の耳のせいですかね。これも。
耳が英語に適応できていたら「マシン」だったかもしれませんね。

wilson.gif


posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

上戸(ジョウゴ) 下戸(ゲコ)

「泣き上戸」「笑い上戸」のように「上戸(ジョウゴ)」というのは
お酒が飲める人、お酒が強い人に使われます。
一方で、酒が弱い人は「下戸(ゲコ)」ですよね。
では、どうして「戸」がつくのでしょうか。
そんなような質問を受けるのが、私の職業。
それを調べなくてはいられないのが「職業病」です。

この「上戸」「下戸」は、律令制度の時代にさかのぼります。
今から1300年余りも前の時代。
701年大宝律令発布後の税収システムが起源です。
当時、課役(課税対象者)が一家に6人以上いる家庭を「上戸」、
4人〜5人の家庭を「中戸」、3人以下の家庭を「下戸」と呼び、
納税額を元に階層が存在していたようです。

その家族の結婚式で飲まれるお酒の量が「上戸」の家では8瓶、
「下戸」の家では2瓶であったことから、
お酒を飲める人のことを「上戸」、飲めない人のことを「下戸」と
言うようになったそうです。

もとは、家の階層によって飲める酒の量から、
体が酒をどの程度受け付けられるかという目安に変わっていったんですね。

ちなみに、上戸彩さんのルーツは上流家庭だったのですかね。
ueto.jpg

posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

あんよ

免許の住所変更で歩きつかれて、「あんよ」が痛い。
現代では、「足」「歩く」の幼児語として使われていますが、
語源は何でしょうね。
あんよ.JPG
実は、現代使われている「幼児語」の多くは、
江戸時代に生まれ、江戸で話された「江戸ことば」です。
「あんよ」は、”足”ではなく”歩む”が語源です。
そのほかにも、降りることを「おんり」、
お腹のことを「ぽんぽん(擬音語)」、
寝ることを「ねんね」などがあります。
「あばよ」という柳沢慎吾さんの捨て台詞も江戸ことば。
「さ あらば よ」→「さらばよ」→「あばよ」となりました。
この幼児語は「あばあばよ」だったそうです。

「あんよ」などの幼児語は、
江戸時代からそのままの形で残されています。
本来、言葉というものは時代と共に、かわっていきますが、
子育ての言葉は母から子へと受け継がれていくんですね。
「幼児語」をやめなさいという子育て評論家を名乗る
おばあちゃんがいますが、「言語」そのものだけの観点でみれば、
幼児語も見直されてもいいのではと思いました。
posted by 語源な人 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。