お袋(オフクロ): 言って得する「日本語の語源」

2011年07月31日

お袋(オフクロ)

男性が自分の母親の呼称として「お袋」と
いいますが、1603年の「日葡辞典」では、
女性も使用するとあるんですよ。
それが、現代では男性語となったわけです。

さて、その「お袋」という語の語源ですが、
諸説あり、どれももっともなものばかりです。

@まず、鎌倉時代後期にさかのぼります。
 母親は当時袋に入れて家庭の金銭、財産を
 管理していたことから「お袋」と呼ばれるようになった説。
A江戸時代、女性の胎盤や子宮などを「フクロ」と
 呼んでいたからという説。
B食事を作ることから「胃袋」からという説。
C子どもが母親の懐(フトコロ)で育つということから、
 それが転じて、フトコロ→フクロになったという説。
D豊臣秀吉の正室「おね」が「北政所」と呼ばれたように、
 奥さんが北の方角の屋敷に住んだことから、
 「お北堂(オホクドウ」が転じて「オフクロ」となった説。

があり、他にも説がありそうです。

こんなにも説があるんですね。
何気ない日常の言葉でも、使われ方の歴史的変遷や、
由来、語源の説の多さからみると奥深いですよね。
みなさんは、何番だと思いますか?
sb121901.jpg
posted by 語源な人 at 23:00| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ〜ん、お母さんって読んでますが(笑)
あ、最近は母さんかな。

おふくろって呼び方の説はいっぱいあるんですね。
袋=カンガルーのお母さんみたいで、なんとかなく母って感じましてました。
Posted by マナブ at 2011年08月01日 02:51
確かに、カンガルーの「袋」という説を唱えている人もいるようですよ。ただ、かなり昔からある言葉なので、諸説入り乱れていますね。僕は、「お北堂」だったらいいなと思っています。
Posted by 先生 at 2011年08月01日 11:55
2番!
Posted by YOSHI at 2011年08月08日 17:36
「不思議な日本語」という本によると、お袋って語源はハングルだそうですよ。
オボ(親)グロ(懐かしい)=オフクロに変化。
お袋って言うのは懐かしい親って言うことらしいですよ。
韓国ドラマ見てると、日本語と同じ言葉がよく出ますから、本当だと思います
Posted by 由美 at 2012年08月02日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217364990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。