ミシン: 言って得する「日本語の語源」

2011年06月22日

ミシン

キャラクターグッズって、高いと思いません?
僕は趣味が競馬と野球観戦なんですが、
好きな馬と、好きなスワローズの自分だけのグッズが簡単に
作れたらいいのにと常々思っています。

で、先日、手始めに安い初心者用ミシンを購入しました。
小さくて軽いのはいいんですが、音がでかいし、
縫い目も1つしかないから、雑巾ぐらいしか作れないことに気づきました。
ちょっと失敗した感があります。やっぱり送料込みで4000円じゃね。

さて、そんなミシンですが、あのペリー提督が1854年に
横浜に再来航した際、当時の13代将軍徳川家定に献上したものが
日本第一号だったそうです。
(実は家定の奥さんへのプレゼントだったそうです。にくいですね。)

時は過ぎ、明治の文明開化の世の中。
英米で「ソーイングマシン」のことを「ソーインミシン」と発音していていた
ことが日本中に広まり「ミシン」という名前が定着したそうです。

やっぱり、日本人の耳のせいですかね。これも。
耳が英語に適応できていたら「マシン」だったかもしれませんね。

wilson.gif


posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜。
マシンだったんですか〜。
カムバックがカンパイって聞こえたのと似ていますね(笑)

JCに出てたミシルって馬がいたなあ・・・ってミシンから連想しました(笑)
なんでも競馬に置き換わってしまう・・・競馬脳(笑)
Posted by マナブ at 2011年06月23日 03:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。