髪(カミ): 言って得する「日本語の語源」

2011年05月24日

髪(カミ)

髪の毛を切っている絵を出して、「かみを きります」という文を提示すると、
結構高い確率で、非漢字圏の学生さんが「あれっ?」って顔をします。
紙と髪が/kami/という同じ音だからなんでしょう。

「髪(カミ)」は、「上の毛」を略して「カミ」となったという説と
「身(ミ)」に生えた毛に、上の部分を表す頭(カ)がついて、
頭身毛(カミケ)となり、略して「カミ」となったという説があります。
いずれにしても、上の部分の毛ということには変わりはありません。

体毛には、他に脇毛とかスネ毛、眉毛などがあります。
これらは、「毛が生える部位+毛」という複合語になっています。
髪(カミ)の/kami/という音は他にも「上」「紙」「神」があり、
「髪」は他の語を区別するために、「髪の毛(カミノケ)」と言っています。

つまり、「髪」だと区別できないだろうから「髪の毛」と呼んでいるんですね。
だからヘアカットで「かみを きります」と言われたら
外国の学生さんが、「あれっ?」という顔をするのも無理はないのです。
このような場合は、「カミ」ではなく、「カミノケ」と言うべきでしょうかね。
わたしも 襟足が伸び放題なので、週末に「カミノケを きります」。


posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも勉強になります。某司会者はあの歳でふさふさ。薄毛の人から見たら、ありゃ、まるで神の毛だって思うんでしょうね。
Posted by yOsHi at 2011年05月24日 02:53
「髪の毛」って言いたいんだけど、どうしても「髪」って言っちゃうね。短いから使いやすいんだろうけど。
Posted by 豪腕浜地鰤 at 2011年05月25日 21:46
髪の毛ともいいますけど、面倒なので、髪って言ってしまいますよね。
なるほどなあ・・・外人さんには分かりにくいのですね。

サクセスからプロテクヘッドに変えてみました(笑)
やっぱり手入れは必要ですよね!
Posted by マナブ at 2011年05月26日 02:26
マナブくん
プロテクヘッドって、サクセスよりもいいの?使った感じおしえてちょ。
Posted by 先生 at 2011年05月27日 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202547525

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。