野球: 言って得する「日本語の語源」

2011年04月28日

野球

僕は、物心ついたときからヤクルトファンなんですが、
育ったところが東京じゃなく関西圏?中京圏?
どっちでもない?微妙な三重県だったため、
ずっとオンリーワンな存在だったんです。
なんで、ヤクルトファンになったのかは、
当時の帽子についていたYSのマークが
かっこよかったからと記憶しています。
それだけって…?
そうですよ。だって、当時のヤクルトって
万年最下位で、魅力のないチームでしたから。

90年代の黄金期なんて予想すらできませんでした。
小学生のくせに、死ぬまでに優勝なんてナイと覚悟していました。
まあ、そんなヤクルトですが、
今年は一味違いますね。優勝あるかもです!

ところで、「野球」という言葉って、いつごろ生まれたのでしょうか。
中国語の「棒球」のほうがしっくりくると思うのですがね。

野球が伝わったのは、1871年(明治4年)。
アメリカ人のホーレス・ウィルソンが来日し、
当時の東京開成学校予科で教えたのがはじまりだそうです。
当初は英語そのままの「ベースボール」と呼ばれ、
それを「玉遊び」「打球鬼ごっこ」「底球」と翻訳がされましたが、
定着しなかったようです。

で、「ベースボール」を、初めて「野球」と日本語に訳したのは、
第一高等中学校の野球部員中馬庚(ちゅうまん かなえ)氏です。
1895年(明治28年)に、部史「一高野球部史」を発行し、
2年後には専門書の『野球』が出版され明治30年代以降は、
ひろく「野球」という言葉が使われるようになったそうです。

打球鬼ごっこ、玉遊びはキツイですよね。
「俺、打球鬼ごっこ部に入ろうかな」
「わたし、玉遊び部のマネージャーなの」

「野球」でよかった。
1978-19918140Yakult20Swallows.JPG

posted by 語源な人 at 19:41| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川崎、杉浦、若松、荒木


「打球鬼ごっこ」のほうが女性ファン増えるかも。
Posted by yOsHi at 2011年04月28日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。