言って得する「日本語の語源」

2011年07月28日

ゴボウ

ゴボウの漢字は「牛蒡」と書きますが、
牛とこの根菜の関係ってあるのでしょうか。

20090227_634086.gif

古くは中国から薬草として伝来した「ゴボウ」。
呉音「牛(グ)」の慣用音が「ゴ」と発音されることから
牛蒡は「ゴボウ」と呼ばれるようになりました。

また、ゴボウの名前の語源は、直接「牛」という動物とは
関係はありません。

中国では大きい草木に、「牛」という字を冠します。
「ゴボウ」が、もともと存在していた「蒡」という
似ている草木よりも大きいことから「牛蒡」という
名前になったそうです。

なるほど。
現代の虫や植物の名前には、「〇〇モドキ」という名前を
よく見ますが、牛蒡も世が世なら「ボウモドキ」という
残念な名前になっていたかもしれませんね。
posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。