言って得する「日本語の語源」

2011年07月02日

公苑と公園

きょうは、墓参りにいってきました。
月に1回、行っているんですが、なんかいいものです。
歳をとったんですかね。みなさんは、どうですか?

墓参りのあと馬事公苑へいってきました。
土曜日の昼間でしたが、人もすくなくのんびりと
散歩してきました。馬場には、蹄のあと、馬の臭い。
はっきり言って、臭いのですが、なんともいい匂いです。

DSC_0031.JPG

DSC_0021.JPG  DSC_0020 (2).jpg

さて、馬事公苑は「苑」、上野公園は「園」。
公苑と公園というのは、何が違うのでしょうか。
公苑は、狩場(パーク)や里山などの共有地が発展したもので、
公園は、庭園(パブリックガーデン)から発展したものだそうです。
つまり、公苑はpark、公園はgardenがルーツなのです。

また、「苑」という字には、次のような意味があります。
@動物を飼育するところ・・・馬事公苑
A物事が集中するところ・・・明治神宮外苑
B宮中のお庭・・・新宿御苑
一方、「園」には、
@周囲に垣根がある果樹園
A草花、樹木、野菜などを植えた畑や庭
という意味があります。
行政において「公園」という言葉が登場したのは
1873年の太政官布達第16号です。
上野公園、芝公園などが日本最初の公園に指定されました。

「叔々苑」などの韓国料理店に「苑」が多いのは、
おそらく、宮中料理のように、格式があるお店になるよう
願いを込めているのかもしれませんね。
posted by 語源な人 at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 語源 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。